寺沢 周平 長野県の総合建設企業フォレストコーポレーション コーポレートサイト

企業情報

家族への手紙

寺沢 周平

 お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、知宏、みなさんには心配ばかりかけてしまってごめんなさい。でも、その度に僕を支えてくれてありがとう。

 お父さん、小さい頃から、いろいろなことを教えてくれました。キャンプに行ったとき、火の起こし方、枝をナイフで削り箸をつくること、飯ごうでのご飯の炊き方、キャッチボールやテニス、勉強ももちろんのこと、すべてが今の僕の原動力になっています。

 お母さん、小さい頃、ワンパクだった僕を一杯叱ってくれました。料理も手伝ったりして、そのうちに料理がすごく好きになって、将来シェフになりたいとまで思うようになりました。でも、「料理は趣味でやりなさい」と言われたときは正直ショックでした。でも今は、フォレストコーポレーションというすばらしい会社に出会うことができました。これもあの一言があったおかげかもしれません。

 おじいちゃん、小さい頃から「これが欲しい」というと何でも買ってくれたね。お菓子とかもやたらに買ってきては「食え食え」と言ってくれました。そんなおじいちゃんが一番好きです。でも、まだ何もおじ孝行してあげられてないから給料がでたらまずおじいちゃんに何かしなきゃといつも思っています。

 おばあちゃんにはいつも元気をもらえました。大学の時、久しぶりに家に帰ると、おばあちゃんはいつも笑顔で迎えてくれたね。あの笑顔が自分でもできるようになりたいって思います。

 知、小さい頃はよく喧嘩をして泣かせてしまったね。それでも、いつも「おにいちゃん」と後ろを付いて来てくれるお前がとてもかわいくて俺はうれしかったよ。今は、自分の夢に向かって頑張ってる様子だけど、お前に負けないぐらい俺も社会人として頑張るよ。俺は知宏が弟でほんとによかったと思ってるよ。お前は自慢の弟です。

 今、無事に社会人としての一歩を踏み出したわけですが、ここまで来られたのもみなさんのおかげだと思います。

 ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。

ページトップへ