遠山 奈月 長野県の総合建設企業フォレストコーポレーション コーポレートサイト

企業情報

家族への手紙

遠山 奈月

 「いってらっしゃい、安全運転でね」「おかえり、お疲れ様」毎日の一言が、じんわりと心を暖かくしてくれています。お父さんの車を譲ってもらった時、まだ20代の私の車に車椅子のマークがつくことを「嫌じゃない?」と心配してくれていたね。けれど、私が運転する様になって、学生の頃よりもお父さんと過ごす時間が増えて、家族揃って出かけることも多くなって、とても嬉しく思っています。だから、この車椅子のマークは、家族の絆の証です。「何でこのマークついているの?」と会社の人に言われることも何度かありました。その度に「父を乗せるんです。」と言うのを、私はなんだか誇らしく感じています。

 私と父と、2人で暮らすのは心配だと、毎週埼玉から来てくれるお母さん。本当に本当に有難う。私が高校生の頃からずっと二重生活を続けてくれていて、どんなことがあってもドンと構えていて、かっこいいなぁと憧れています。けれど、やっぱり体が大事。しんどくなったら、たまには私を頼ってね。普段ラジオを聴かない両親だけど、どこかで聞いていてくれるかな。これからもよろしくね。

ページトップへ