語りかける ―経営層と社員の距離を縮める― 長野県の総合建設企業フォレストコーポレーション コーポレートサイト

企業情報

フォレストの取組み -信州No.1の人づくり-

TOP点検

四半期の半ばに、経営者・役員が現場に赴いて、GIB制度において設定した目標と施策の進捗について中間報告を受けます。

現場の状況を知り、軌道修正が加えられるため、社員が直接経営者や管理者層とコミュニケーションがとれる場となっています。

この点検は全社内の20数チームについて約3日間を費やして行われます。

「見える化ボード」の利用により進捗や今抱えている課題が顕在化・共有化しやすく、また比較的若い年齢層の従業員と経営者・管理者で意見の交流がしやすいことが、弊社にとってこの方法が有効と考えている理由でもあります。

 

フォレスト方針書

※ただ今準備中です

ページトップへ