菅沼 有紀 長野県の総合建設企業フォレストコーポレーション コーポレートサイト

企業情報

家族への手紙

菅沼 有紀

いつも見守ってくれて、ありがとう。大学も就職も長野県内だった私にとって、実家はいつでも帰ることが出来る大切な場所です。でも、いざ一人暮らしをするとなかなか帰らず、自分から電話も出来ず、沢山心配をかけました。社会人になって、家族の大切さが日に日に大きくなっていきます。友達の様に笑いあえるお母さんと、仕事について真剣に話せるお父さんと、くだらない話で盛り上がる弟と、何度同じ話をしても飽きないおじいちゃん、おばあちゃん。家に居た時の当たり前が、今では全て特別です。たまにしか帰らない私は、昔よりずっといい子で家の手伝いをするよね。それは、今家族で居られる時間が本当に幸せだからです。出来るだけ皆で笑っていられる時間を作りたいからです。いつでも帰れるからこそ、甘えてはいけない気がして、帰ることが出来ないけれど、これからはもっと顔を出すね。家族に元気をもらう様に、私も家族に元気をあげられるよう、頑張ります。いつまでも、元気でいてください。

ページトップへ