大沢 芽衣 長野県の総合建設企業フォレストコーポレーション コーポレートサイト

企業情報

家族への手紙

大沢 芽衣

お父さん、お母さんへ

 

家に帰ると「今日はどうだった?」と1日の報告を聞いてくるお父さんとお母さん。嬉しいことや、大変だったこと、いろんな話をいつも聞いてくれますね。

 

私は今、たくさんの家族と触れ合う仕事をしています。親子で仲良く話す家族。小さなお子さんを抱きながらやってくる家族。それぞれの家族の絆を見て、幸せな気持ちにもなりながら、私もこうやって、親に育ててきてもらったのだな、と思いました。

それからは気になって、お父さん、お母さんの仕事の話や、私の小さかった頃の話を聞いていました。最近はその話を聞くのがちょっとした楽しみだったりしています。社会人になって、話を聞いて、やっと少しだけ親の大変さを知れました。お父さん、お母さん、これまで育ててきてくれて本当にありがとう。

 

いつも私の1番の応援者であり、理解者でいてくれた、お父さん、お母さん。

私はなかなか素直になれずに反抗的な態度になってしまうこともありました。でも、嬉しいことも楽しいことも、辛いことも悲しいことも。真っ先に伝えたいのはいつだってお父さんとお母さんです。

 

これからは、少しずつ親孝行して、この感謝の気持ちを返していきたいなと思います。

ページトップへ