触発する  ―仕事以外にも広い視野を持つ人間に― 長野県の総合建設企業フォレストコーポレーション コーポレートサイト

企業情報

フォレストの取組み -信州No.1の人づくり-

社内勉強会(森の勉強会)

建築に直接関係する知識だけでなく、広い視野や深い教養を身につけて欲しいという思いから、不定期で実施している勉強会です。

 

勉強会のテーマと講師の皆様(肩書は当時)

2005年9月

「自然の中での昆虫と人間の関わり」

信州大学元学長 森本尚武様

信州大学元学長 森本尚武様

2005年12月

「信州の森と私たちの家づくり」

上伊那地方事務所林務課 春日嘉広様
KOA森林塾 早川清志様
山仕事師 後藤知之様

2006年6月

「社会に出てからなぜ学ぶ」

伊那市教育長 北原明様

伊那市教育長 北原明様

2007年2月

「信州の森を豊かに」

作家 C・W・ニコル様
フリーパーソナリティー 武田徹様

作家 C・W・ニコル様

2007年10月

「信州の森の状況と県産材の行方」

長野県林務部課長 河合博様
都築木材副社長 都築寛明様
菅沼木材専務 菅沼久様
山仕事師 川島潤一様

2009年3月

「脳・記憶・学ぶ」

信州大学学長 小宮山淳様

信州大学学長 小宮山淳様

2009年11月

「“ビルマの竪琴”を読んで考える“私たち”と戦後」

岩波書店学術一般書編集長 馬場公彦様

岩波書店学術一般書編集長 馬場公彦様

2013年1月

「子どもが社会的に自立できる家」

松本市立丸ノ内中学校校長 髙栁俊一様

2014年1月

「感性価値を高める、ものづくりのコミュニティ」

信州大学繊維学部教授 上條正義様

信州大学繊維学部教授 上條正義様

 

 

フォレスト課題図書制度

四半期に一度、課題本を決め、社員全員が感想文を書くという制度。

平成19年から始まり、現在までに27回実施されています。

すべての感想文は冊子にまとめて全社員に配布され、その中から投票制で優秀な感想文を表彰します。

フォレストライブラリー

ページトップへ